テレワークの普及と共に問題にされることの多い印鑑の問題。押印のために出勤せざるを得ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こうした状況の中で注目の高まる「電子印鑑」は、一見難しそうですが、実はとても簡単に導入できます。
今回は、Adobe Acrobat Reader DCでの電子印鑑の使用方法について徹底解説します。

Adobe Acrobat Reader DCで電子印鑑を作る

Adobe Acrobat Reader DC上で電子印鑑を作る事が出来ます。
名前入りの印鑑を作成するには、Adobe Acrobat Reader DCにユーザー情報を登録している必要があります。まずはユーザー登録から進めましょう。

メニューバーの、編集→環境設定から始めます。

環境設定では様々な設定をする事が出来ますが、今回はユーザー情報のメニューを使用します。ユーザー登録をしていない場合でも、ログイン名は既に自動で記入されています。
ここに入るログイン名は、お使いのパソコンのユーザー名が選択されます。編集する事は出来ません。
入力フォームに従って、ご自身の情報を入力し、「OK」をクリックしてください。

これで電子印鑑を使う準備が整いました。
スタンプの、電子印鑑を確認してみましょう。

電子印鑑を押したい書類を開き、ツールタブからスタンプアイコンをクリックします。

書類に戻り、スタンプアイコンから電子印鑑を選択します。

使用できる電子印鑑が表示されます。

一般的な認印のような印影もあります。

日付や部署が入ったタイプのものもあります。

サイズの変更は、印鑑部分を選択し、青い枠を拡大縮小させることでできます。

削除する場合は、印鑑を選択後、右クリックで削除を選びます。

1 2