(03)6632-7811

真の働き方改革を実現する。HIT.s法(HIT法)での業務可視化、業務改善、生産性向上なら株式会社システム科学

メディア掲載情報

株式会社システム科学、一般社団法人可視経営協会が主催・協力するイベント情報やメディア掲載情報のご案内です。働き方改革の実現、時間生産性向上のためにお役立てくださいませ。

メディア掲載

日経ビジネスオンライン 見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.3

見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.3

日経ビジネスオンライン
掲載日
2017/06/06

ワークライフバランスと生産性を両立させる力

日経ビジネスオンラインSpecialにて、働き方改革成功事例紹介を3回に渡り連載しています。今回は、 「業務のムダ取り」によってワークライフバランス改善とともに生産性向上に成功した現場の取り組みに迫ります。
詳細
日経ビジネスオンライン 見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.2

見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.2

日経ビジネスオンライン
掲載日
2017/05/23

7つのポイントが働き方改革を成功に導く

日経ビジネスオンラインSpecialにて、働き方改革成功事例紹介を3回に渡り連載しています。今回は、 現場で実際に活動を率いる社員へ取り組みの内容と成果についてインタビューしています。
詳細
日経ビジネスオンライン 見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.1

見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.1

日経ビジネスオンライン
掲載日
2017/05/09

HIT.s法の導入で働き方改革を実現

日経ビジネスオンラインSpecialにて、働き方改革成功事例紹介を3回に渡り連載しています。今回は、 業務のムダとりで約29万時間もの「時間の余裕」を創出した産業機械メーカー代表取締役社長のトップインタビューです。
詳細
ITだけでは解決しない、ホワイトカラーの生産性を向上させる納得手法

ITだけでは解決しない、ホワイトカラーの生産性を向上させる納得手法

TechTargetジャパン
掲載日
2016/10/30

ホワイトカラーの業務効率が低い理由とは?

日本はITによるオフィス業務の効率化に向け、各種システム整備に多額の予算を費やしてきたにもかかわらず、日本企業のホワイトカラーの生産性が依然として低いのはなぜか、という内容について解説しています。
詳細
SankeiBIZ(サンケイビズ) ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第6回

第6回 ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋

SankeiBIZ(サンケイビズ)
掲載日
2016/10/24

変革の意識・行動は「常に人が中心」

SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第6回目が掲載されました。今回は、変革の意識・行動は「常に人が中心」と題し、企業のバックオフィス(間接部門)へのAI活用について考えます。
詳細
SankeiBIZ(サンケイビズ) ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第5回

第5回 ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋

SankeiBIZ(サンケイビズ)
掲載日
2016/10/14

革新実現に至る5つの方法

SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第5回目が掲載されました。今回は、革新実現に至る5つの方法と題し、企業の永遠の課題である「ホワイトカラーの革新」を実現して競争優位を築き、維持・継続できる仕組みづくりを行うために克服する課題の解決方法5つを提示します。
詳細
SankeiBIZ(サンケイビズ) ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第4回

第4回 ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋

SankeiBIZ(サンケイビズ)
掲載日
2016/10/07

さまざまな「仕事ぶり」を測る

SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第4回目が掲載されました。今回は、さまざまな「仕事ぶり」を測ると題し、管理職(部課長)と担当者(正規・非正規社員)のさまざまな仕事ぶりの実態を把握できる可視化法について説明します。
詳細
SankeiBIZ(サンケイビズ) ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第3回

第3回 ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋

SankeiBIZ(サンケイビズ)
掲載日
2016/09/30

「改善力」を評価項目の対象に

SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第3回目が掲載されました。今回は、「改善力」を評価項目の対象に、と題し、管理職(課長)のプレーイングマネジャーの問題について、ホワイトカラーの業務改善が進んでいない現状と、その解決方法について提案します。
詳細
SankeiBIZ(サンケイビズ) ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第2回

第2回 ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋

SankeiBIZ(サンケイビズ)
掲載日
2016/09/23

業務の可視化が元気の源

SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第2回目が掲載されました。今回は、業務の可視化が元気の源、と題し、ホワイトカラーの残業が発生する要因と、それを解決する業務改善の基盤づくりとして推進すべきことについて提案します。
詳細
SankeiBIZ(サンケイビズ) ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第1回

第1回 ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋

SankeiBIZ(サンケイビズ)
掲載日
2016/09/16

生産性向上の阻害要素洗い出し

SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第1回目が掲載されました。今回は、生産性向上の阻害要素洗い出し、と題し、企業の競争力を高め持続的成長の大きな鍵を握るホワイトカラーの生産性向上のための処方箋を提言します。解消しなければならない6つの方策をご紹介します。
詳細
日経BP課長塾企画特別対談vol.3 理不尽な残業を止めるために

日経BP課長塾企画 特別対談
vol.3 理不尽な残業を止めるために

日経ビジネスオンライン
掲載日
2016/09/20

vol.3 理不尽な残業を止めるために

日経BP課長塾企画の特別対談vol.3が掲載されました。「地頭力」や「メタ思考」といった観点から問題解決や思考力にアプローチするビジネスコンサルタントの細谷功氏と、弊社代表取締役石橋博史が日本企業の残業問題の本質とその改善方法などを対談しています。
詳細
日経BP課長塾企画特別対談vol.2 これからの時代のリーダーのあり方

日経BP課長塾企画 特別対談
vol.2 これからの時代のリーダーのあり方

日経ビジネスオンライン
掲載日
2016/09/01

vol.2 これからの時代のリーダーのあり方

日経BP課長塾企画の特別対談vol.2が掲載されました。日本ラグビーフットボール協会のコーチングディレクターとして、2019年ラグビーW杯日本開催に向けた指導者の育成と指導体制の 構築を担う中竹竜二氏と、弊社代表取締役石橋博史が管理職が抱える人材育成の課題やリーダーの あるべき姿について対談しています。
詳細
日経BP課長塾企画特別対談vol.1 現代日本が抱えるマネジメントの課題

日経BP課長塾企画 特別対談
vol.1 現代日本が抱えるマネジメントの課題

日経ビジネスオンライン
掲載日
2016/06/30

vol.1 現代日本が抱えるマネジメントの課題

日経BP課長塾企画の特別対談vol.1が掲載されました。インバスケット思考の第一人者である鳥原隆志氏と、弊社代表取締役石橋博史が日本の管理職の問題点とは何か、インバスケット思考、HIT.s法を活用することで どのような改善が行われるのかを互いの経験を基にについて対談しています。
詳細
ダイヤモンドオンライン システム科学&八千代工業 最少人数で最強の組織をつくり経営危機を乗り越える

システム科学&八千代工業
最少人数で最強の組織をつくり経営危機を乗り越える

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2014年

HIT法で経営危機を乗り越える

自動車用部品の開発と製造、完成車事業などを柱とする八千代工業が、HIT法への取り組みを継続することで組織体質を強化しています。リーマンショック後の経営危機を乗り越えるための原動力にもなった、「最少の人数で最強の組織づくり」を可能にするHIT法とITが連動したBPR(business process renovation)の普及にも乗り出しています。その事例を紹介します。
詳細
ホワイトカラーの業務改善で、「最少人数で最強組織をつくる」

システム科学
ホワイトカラーの業務改善で、「最少人数で最強組織をつくる」

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2014年

年間40%もの時間節約にこぎ着けた例とは?

500人規模のホワイトカラーがいる企業で、年間40%もの時間節約にこぎ着けた例があります。40%の削減は社員200人分に相当します。これを可能にしたのがHIT法という業務改善の最強ツールだ、と題し、HIT法の生みの親である弊社代表取締役社長・石橋博史氏が「最少人数で最強組織をつくる」方法について紹介します。
詳細
可視経営塾 部課長が取り組む業務改善の実践事例 第一回

可視経営塾 部課長が取り組む業務改善の実践事例 第1回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2013/9/27

10社の"メタボリック診断"から見えた職場の課題とその解決法とは?

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾の第1段。「ホワイトカラー(管理間接部門)業務にムダが多く、なんとかして改善したい」――そんな問題意識を持ちながらも、「過去にも業務改善に取り組んだが効果が上がらなかった」あるいは「何から取り組めばいいかわからない」と頭を悩ませている部課長は多いのではないでしょうか。職場では具体的にどんな課題が存在し、何に取り組めば業務改善を実現できるのか。弊社代表取締役社長・石橋博史が解説します。
詳細
可視経営塾 部課長が取り組む業務改善の実践事例 第2回

可視経営塾 部課長が取り組む業務改善の実践事例 第2回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2013/11/01

オフィス業務の課題ナンバー1は「会議」。生産性を高める会議のルールとは?

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾の第2段。第2段は前回のメタボリック診断で浮かび上がった5つの課題である会議運営の効率化、能力開発制度の改善、業務分掌の明確化、ドキュメント管理の改善、情報の共有化のうち、会議運営の効率化の推進をどう解決するべきか、具体的な対策を紹介しています。
詳細
可視経営塾マネージャー編 業務プロセスの可視化で生産性は大幅に改善する! 第1回

可視経営塾マネージャー編
業務プロセスの可視化で生産性は大幅に改善する! 第1回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2013/06/03

イノベーションが必要だが、どうしたらよいのか?

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾マネージャー編の第1段。オフィス業務においては全く行われていないことも多い改善活動。「部下がどんな業務をやっているのかわからない」「課題はあるがどう改善していいかわからない」、マネジャーの多くが抱える悩みに対し、オフィス業務のすべてを「目で見てわかる」状態にして、業務の把握、分析、改善が可能になる「業務プロセス可視化」法とツールについて、弊社代表取締役社長・石橋博史が解説します。
詳細
可視経営塾マネージャー編 業務プロセスの可視化で生産性は大幅に改善する! 第2回

可視経営塾マネージャー編
業務プロセスの可視化で生産性は大幅に改善する! 第2回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2013/06/03

「気づいた人」から始めて職場を動かす!マネジャーなら知っておきたい実践的手法

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾マネージャー編の第2段。誰にでも簡単に操作できるHITツールを活用し、チャート化していく中で、気づき改善への着眼点を得ることができます。この技法・ツールを使って具体的な効果を上げる企業が急速に増えており、特に昨今では「気づいた人」から始めて徐々に規模を広げていく「ボトムアップ方式」の活動も増えてきています。今回はボトムアップ方式の活動について紹介しています。
詳細
可視経営塾管理職編 小さく始めて、周りを巻き込み業務革新を! 第1回

可視経営塾管理職編
小さく始めて、周りを巻き込み業務革新を! 第1回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2012/07/24

管理職はプレイングマネジャーから脱却し、HIT法で真のマネジメント力を手に入れよう!

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾管理職編の第1段。部長・課長クラスの管理職が、どのようにHIT法を使って業務プロセス革新を進めていけばいいのか、そのポイントを3回にわたってご紹介。今回は、日本企業におけるマネジャーの問題点や、業務を可視化し改革を支援するHIT法について解説します。
詳細
可視経営塾管理職編 小さく始めて、周りを巻き込み業務革新を! 第2回

可視経営塾管理職編
小さく始めて、周りを巻き込み業務革新を! 第2回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2012/08/23

大きな変化と競争が起きている時代。今こそマネジャーは、競争優位の方程式を活用しよう

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾管理職編の第2段。部長・課長クラスの管理職が、どのようにHIT法を使って業務プロセス革新を進めていけばいいのか、そのポイントを3回にわたってご紹介。今回は、具体的に、HIT法で何ができるのか、H競争優位の仕組みづくりとマネジメント行動を実行するためのツールとしてHIT法を活用していただくために弊社代表が解説します。
詳細
可視経営塾管理職編 小さく始めて、周りを巻き込み業務革新を! 第3回

可視経営塾管理職編
小さく始めて、周りを巻き込み業務革新を! 第3回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2012/09/20

やれば必ず成果が出る!部課長が主役になって進める業務プロセス革新

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾管理職編の第3段。悩める管理者にとって、競争優位の“仕組み”づくりとマネジメント“行動”の実践を支援してくれる業務プロセス可視化法(以下HIT法)。連載最終回となる今回は、HIT法で使うツールの内容や、HIT活動の具体的な進め方、組織の活性化について解説しています。
詳細
可視経営塾経営者編 今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第1回

可視経営塾経営者編
今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第1回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2011/10/03

真の業務改革は、仕事が見える仕組みから始まる

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾経営者編の第1段。「意思決定に至るまでとにかく遅い」「行動力が伴わず、ムダに時間がかかる」「生産性が上がらない」「社内に士気・活気がない」「環境変化のスピードについていけない」など、経営者の悩みは尽きない。そして、問題意識を持ちながらも、具体的な方法がわからず、あるいはリスクを恐れ、変化するチャンスを逸してしまっている経営者の悩みに対して、数多くの企業の業務革新をサポートし成果を上げてきた経験とノウハウをもとに、「見えることでなにができるのか」弊社代表取締役社長が解説します。
詳細
可視経営塾経営者編 今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第2回

可視経営塾経営者編
今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第2回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2011/11/14

業務を可視化すればムダが見えてくる!全員参加の業務プロセス革新を実現

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾経営者編の第2段。企業の管理・間接(ホワイトカラー)部門が抱えるさまざまな問題を解決する鍵は、業務を細かい単位に分解して、目に見えるかたちにする「可視化」にあります。第2回は、弊社取締役 田代敏也がHIT法による具体的な業務プロセス改善の進め方やその効果を、事例とともに紹介しています。
詳細
可視経営塾経営者編 今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第3回

可視経営塾経営者編
今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第3回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2011/12/19

業務プロセスとマネジメントの革新を同時に実現するツール

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾経営者編の第3段。管理・間接部門に属するホワイトカラーの業務を可視化し、業務改革を成功に導くツール「HIT法」。HIT法では6ヵ月の「基本活動」を終えると、さらに6ヵ月の「専門活動」に移行し、BPRやリスクマネジメント、人材育成(OJT)など、より大きな経営課題を解決していきます。今回は専門活動の具体的内容や効果について、第2回に続き弊社取締役の田代敏也が解説します。
詳細
可視経営塾経営者編 今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第4回

可視経営塾経営者編
今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第4回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2012/01/16

八千代工業のHIT法導入事例(上)業務改善活動で10数億円の工数削減効果

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾経営者編の第4段。システム科学の「HIT法」を使って、すでに多くの企業がホワイトカラーの業務革新を実現している。本田技研工業(以下、ホンダ)グループで、自動車部品や自動車完成品を製造する八千代工業もその一つ。同社では2009年末よりHIT活動をスタートさせ、管理部門における工数の20~30%削減を成し遂げました。今回は業務改革推進室の斎藤勝美室長に、どのようにしてHIT活動を進めたのかを伺いました。
詳細
可視経営塾経営者編 今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第5回

可視経営塾経営者編
今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第5回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2012/02/01

八千代工業のHIT法導入事例(下)業務工数削減で企業競争力の強化を図る

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾経営者編の第5段。システム科学の「HIT法」を使って、すでに多くの企業がホワイトカラーの業務革新を実現している。前回紹介した通り、八千代工業では約2年前にシステム科学のHIT法を導入し、全拠点の管理間接部門の業務改革を進めてきました。HIT法導入の背景にはどんな課題があったのか、また今後どのような活動を進めていくのか。加藤正彰社長と辻井元副社長にその狙いや展望を聞きました。
詳細
可視経営塾経営者編 今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第6回

可視経営塾経営者編
今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第6回

ダイヤモンドオンライン
掲載日
2012/03/01

革新マネジメントのツールを手に入れ、経営者は人と会社に元気を取り戻そう!

ダイヤモンドオンライン連載企画・可視経営塾経営者編の第6段。この連載ではこれまで5回にわたり、可視経営の要点やそれを実践する業務プロセス可視化法(以下HIT法)について、さまざまな側面から紹介してきました。最終回となる今回は弊社代表取締役社長の石橋博史がダイヤモンド・オンライン読者限定で開催したHIT法講座で感じたことや、可視経営の普及促進にかける思いを語りました。
詳細

働き方改革や業務の可視化、HIT.s法導入については下記からお問い合わせください。

セミナー・イベント

  1. セミナー開催情報
  2. メディア掲載情報

セミナー開催・メディア掲載情報

見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.1

見える化でムダが見えてくる シナノケンシ事例Part.1

すぐできる働き方改革 業務プロセスの改善力研修

すぐできる働き方改革 業務プロセスの改善力研修

可視経営塾 部課長が取り組む業務改善の実践事例 第1回

可視経営塾 部課長が取り組む業務改善の実践事例 第1回

今度こそ会社を変えたい!効果の上がる経営革新フレームワーク 第1回

可視経営塾 効果の上がる経営革新フレームワーク 第1回