働き方改革、それは経営者・管理者・担当者、全ての働く人の意識改革です。 この機会にHIT.sで業務プロセス改善! 生産性がアップして会社が生まれ変わります!

令和二年四月より全面的に法制化される働き方改革では、少子高齢化に伴う労働人口の減少によって生じる人手不足を補う制度が試案も含めて提示されています。 その制度や試案に対処するためのチェックポイントとして、ここでは次の3つの方向性を提示したいと思います。

その1は、働く人、一人ひとりが希望する条件、時間等で働ける環境があるか否かで考えてみること。

キーワードは「働いた成果物(質・時間・コスト)の評価システム」

  1. テレワークや副業、兼業など柔軟な働き方ができているかどうか
  2. 女性・若者が活躍しやすい環境があるかどうか
  3. 病気の治療、子育てや介護と仕事の両立ができているかどうか

その2は、実務の訓練制度(OJT制度)や業務マニュアルがあるかどうか、もしくは設けることが可能かどうか。

キーワードは、「各々が有する専門ノウハウの配置と活用ができる」

  1. 転職・再就職支援・職業訓練があるかどうか
  2. 高齢者の就職促進をしているかどうか
  3. 外国人労働者を積極的に受け入れているかどうか

その3は、労働生産性向上により真の生産性向上が果たせる業務改善活動を推進することが必要。

キーワードは、「業務の生産性向上活動で成果を上げ、そのノウハウを継続できる体制づくり」

  1. 長時間労働の目標維持管理が必要
  2. 賃金の引上げ、個々人のスキル評価が必要
  3. 同一労働同一賃金の評価基準が必要

これからの企業には、これらの試案に対処できるような社内諸制度の見直しと共に、「真の生産性向上ができる業務の全体最適化」を目指した改革、改善活動が求められます。幸いホワイトカラーが主体となって進められるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は業務の自動化によって、未来を予測しながら対処できる戦術が加わるので、生産性の向上を堅実なものにするのです。 「見えれば変わる可視経営HIT.s法」は、上記3つの方向性に対応した、業務プロセスの可視化から始まる「改革技法と支援ツール」です。 「どなたでも業務プロセスの可視化で現状を把握し、分析ができる!」

○Sチャート

HIT.sツールを使って、どなたでも簡単に業務の作業手順を表すチャートを作成できます。チャートにより業務プロセスの可視化と作業時間の定量化ができ、ムダな作業、重複した作業、曖昧な作業、基準がない作業や属人化した作業などの把握・分析ができます。 しかも、ツールはクラウド対応で場所や端末を選ばず、インフラの運用やメンテナンス要らずに利用できます。 「どなたでもムダな作業の改善やデジタル化の改善ができ、効果を時間やコストで表わせる!」

○改善提案書

“ムダな作業をなくしたら”、“紙での作業をデジタル化したら”…など改善後の作業手順をチャートで作成し、改善前の作業手順と比較して節減される作業時間やコストを算出できます。 改善効果を明確な数値で表わせ、経営者も、管理職も、担当者も納得の改善活動を進めることができます。 「どなたでも統一されたクオリティで電子マニュアルが作成でき、OJTへ活用できる!」

○業務管理点マニュアル

Sチャートを元にして電子マニュアルを簡単に作成できます。 業務の目的、頻度、時期、納期といった基本情報のほか、作業の手順だけなく目標となる作業時間も記載されたマニュアルを作成できます。作業を行なう上でのカン・コツ・ノウハウ、確認点や管理点といった暗黙知を文書化、共有化でき、OJTで活用できるマニュアルです。

お問い合わせ・資料請求はこちら