ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第1回
生産性向上の阻害要素洗い出し
SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第1回目が掲載されました。今回は、生産性向上の阻害要素洗い出し、と題し、企業の競争力を高め持続的成長の大きな鍵を握るホワイトカラーの生産性向上のための処方箋を提言します。解消しなければならない6つの方策をご紹介します。
ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第2回
業務の可視化が元気の源
SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第2回目が掲載されました。今回は、業務の可視化が元気の源、と題し、ホワイトカラーの残業が発生する要因と、それを解決する業務改善の基盤づくりとして推進すべきことについて提案します。
ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第3回
「改善力」を評価項目の対象に
SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第3回目が掲載されました。今回は、「改善力」を評価項目の対象に、と題し、管理職(課長)のプレーイングマネジャーの問題について、ホワイトカラーの業務改善が進んでいない現状と、その解決方法について提案します。
ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第4回
さまざまな「仕事ぶり」を測る
SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第4回目が掲載されました。今回は、さまざまな「仕事ぶり」を測ると題し、管理職(部課長)と担当者(正規・非正規社員)のさまざまな仕事ぶりの実態を把握できる可視化法について説明します。
ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第5回
革新実現に至る5つの方法
SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第5回目が掲載されました。今回は、革新実現に至る5つの方法と題し、企業の永遠の課題である「ホワイトカラーの革新」を実現して競争優位を築き、維持・継続できる仕組みづくりを行うために克服する課題の解決方法5つを提示します。
ホワイトカラー革命 石橋博史の処方箋 第6回
変革の意識・行動は「常に人が中心」
SankeiBIZ(サンケイビズ)連載企画の第6回目が掲載されました。今回は、変革の意識・行動は「常に人が中心」と題し、企業のバックオフィス(間接部門)へのAI活用について考えます。