=革新は、「社長」が進める義務活動=
政府が議論する「働き方改革」の9項目

(2016.9.28付 日経新聞より)

1.
同一労働同一賃金(非正規雇用の処遇改善)
2.
賃金の引き上げ(女性の登用)
3.
長時間労働の是正(ルーチンの多能化OJT)
4.
転職、再就職支援、職業訓練
5.
テレワークや副業、兼業など柔軟な働き方
6.
女性・若者が活躍しやすい環境
7.
高齢者の就業促進
8.
病気の治療、子育てや介護と仕事の両立
9.
外国人材の受入れの問題

HITなら達成できる!

HITで解決!
全産業の業務の可視化(把握・分析・改善)後、電子マニュアル化ができる。 さらに、業務の共通化・共有化が望め、業務処理の効率化・水準向上が図れるため、政府が打ち出した「働き方改革」は、短期間に達成できる 。
※ 業務とは、組織三者(経営者・管理者・担当者)の管理・事務を指す。

働き方改革(経営者の働き方改革)活動管理点

(「社長100人アンケート」 2016.9.15付 日経新聞より)

1.
裁量労働制の拡大(51%)
事前に決めた「みなし時間分」=(仮定した時間)の賃金を支払う仕組みは、長時間労働の是正に繋がると期待している。
  • 現在は、コンサルタント等の職種に限られて、日立造船の専門職、KDDIで1千人が対象となっている。
HITで解決!
働く個々人の目指すテーマに対して、「採算性」を基に、「Input時間の目標値」+「Output時間の目標値」が必要。(個々人が「考えてみる」時間の短縮及び作業「ロス」と「中断」の改善がポイント)
2.
テレワーク・在宅勤務の促進(43 %)
時間ではなく、成果に対して賃金を払う「脱時間給制導入」(42.2 %)が挙がった。
  • 日本マイクロソフトは、働く場所を自由に選べるテレワーク制度業務に集中及び介護や保育に有効と考えられている。
  • トヨタ自動車25,000人総合職を対象に、在宅勤務を導入予定
(これらを推進するために、労働基準法改正案は2015年の通常国会に提出されたが、「たなざらし」の状態。)
HITで解決!
脱時間給制から逃れることは不可と考えるべき。「ビジネスプロセス機能可視化法」では、簡単で精度の高い時間化技法が「特許」になって、誰でも活用できる。
3.
自社の働き方改革の動向
  • 「推進」と「どちらかといえば推進」が合計で94.6 %に達している。
  • 最大のテーマは、「長時間労働」の是正である。
    例:神戸製鋼所は、PM7:00以降の残業を原則禁止で、効果を上げている。
HITで解決!
安易に対処しようとしても答えは出ない。
「Human resource Intelligence Technology」=HIT法(業務プロセス可視化法)があり、実用化され、短期間で成果を上げている。従って、抜本的に自律した推進を奨励して、自社人材を育成しつつ、短期間に労働生産性向上を図ることができる。
4.
長時間労働を防ぐ「勤務間インターバル」
日本の場合日本(36協定):1日8時間が上限(週40時間)・労使の協定で上記以上可
→ 結果、ブラック企業60 %以上と推定されている。
日本の場合EU(欧州連合):最低11時間の休息を義務付けている。
睡眠7時間・私事2時間・通勤2時間・終業から始業まで11時間
HITで解決!
勤務間インターバル性は、欧米等で実施例があり、働ける「1日の目標時間」の意識に頼っている方法は有効ではあるが、業務を電子マニュアル等で「時間管理できる状態」にすることが重要である。
5.
業務量の変動に対処するマネジメント法
  • 業務量の変動として下記のような現象が表れている。
HITで解決!
部署管理の限界(⊕10%及び⊖10%)を越えた部分(縦線部分)の対処法(応援受け・応援出し)を持つ必要がある。HITでは、全社的多能職育成ができるため、最少人員で最強組織をつくることができる。
6.
労働生産性向上を短期に達成する「HIT」法とは
多くの活動手法はあるが、「帯に短し襷に長し」で選択が難しい中、HIT法は、
  • 自分の仕事を自分で業務の可視化
  • 業務機能の体系化、改善化・マニュアル化=「業務の文書化・プロセス化・管理点化・定量化・ランク化」
  • 個々人の業務の役割分担を、機能と時間定量化で公平化して、責任と権限を付与
ができる。

この基盤づくり活動によって、 生産性目標を達成する。(1年の活動で労働生産性3倍が目標
徹底した経営資源のインプット最少化でアウトプットの最大化を実現する。
  • 人員の40%新戦力化で、現業務の6割化(30%新戦力化、10 %退職者・無補充化)
  • 人材の多能化OJTの推進で量的変化への対応(上限4時間のオーバーワークの残業解消)
  • リードタイム短縮1/2化で、業務処理のスピード2倍化

資料請求お問い合わせ