HIT.sには大きく分けて「情報可視化ツール」と「情報活用ツール」の二種類があります。
目的と状況に応じて最適なHIT.sをお選びいただけます。

業務改善を難しいと思っていませんか?
難しいのは業務の実態を漏れなく把握することができていないからです。
HIT.sツールは、誰もが「使える」ツールです。
つまり、HIT.sツールは現場、管理、経営と全体で情報を共有していくことができます。
HIT.sツールには情報可視化ツール、情報活用ツールの2種類ございます。
情報活用ツールは、情報可視化ツールであるHIT.2s、HIT.3sと連動して、より多様な管理を実現いたします。
用途に合わせてお選びくださいませ。

情報可視化ツール

HIT.1s
全体業務の実態を可視化

HIT.2s
担当業務プロセスの可視化

HIT.3s
管理者業務プロセスの可視化
経営者のマネジメント

情報活用ツール(HIT.2s、HIT.3sと連動)

HIT.sDB
業務情報のリアル管理

帳票管理機能
データ項目分析機能

ドキュメントの把握・分析・改善・支援ツール

業務スキル管理機能
多能化人材育成機能

業務スキルリアルタイム管理支援ツール

業務リスク管理機能
人・モノ・金のQCDリスクと内部統制の運用・管理支援ツール

業務機能体系機能
諸規定管理機能

規定整備・株式公開準備支援ツール

LT管理機能
リードタイム管理支援ツール

お問い合わせ・資料請求はこちら