真の経営改革を実現する

  • 業務の困ったはHitWeb®が解決


社長メッセージ

第三者委員会 報告書要旨
日本を代表する製造業における不正が発覚した問題で、2023年12月20日に第三者委員会の報告書が公表された。
第三者委員会が指摘した不正行為の原因
直接の原因と背景
1 過度にタイトで硬直的な開発スケジュールによる極度のプレッシャー
2 現場任せで管理職が関与しない態勢
3 チェック体制の不備
4 法規の不十分な理解
5 現場の順法意識の希薄化、認証試験の軽視
問題の真因
1 対策を講じずに短期開発を推進した経営
2 開発部門の組織風土
再発防止策の提言
1 幹部から従業員に対する反省と決意表明
2 開発・認証プロセスの見直し
(注)調査報告書より抜粋 日経新聞 2023年12月21日付

社長からの提言:「経営の安心を育む」仕組みづくりのお勧め

 日本の基幹産業における深刻な体質問題の解決策
  1. 経営のアンテナを高くする「チェック機能」がすぐできる
  2. 管理状態にない姿からの脱却「電子マニュアルで解決」
  3. 同一不正の繰り返しをストップさせる

立て直しのためには業務プロセス可視化法(平成22年特許取得済み)が必須

「真のDX活動」ができる「人づくり」が組織活動力を高め
  1. 経営ガバナンスが簡単にできるようになります
  2. リスク管理が簡単にできるようになります
    ・リスク管理が簡単にできる
     「業務情報プロセスのSチャート例」 

続きはこちら ▶
業務プロセス情報の可視化活動で賢い仕組みづくりを行い、
役割の曖昧性を除去し、不正・不良ぽか・怠慢の補正ができる


リスク管理が簡単にできるSチャートの例
Sチャート 
このSチャートでは試作品の実環境に近い状況での性能の検証と、設定変更による不具合対応策の立案実施作業を表しています。

リスクが発生する可能性があるところ
リスクをコントロールする方法・手段

課題解決のための基盤づくりの1週間



すぐに使える可視化ツール




「日経ビジネス電子版 Special」2023年1月31日に公開掲載された広告から抜粋したものです。 禁無断転載©日経BP



新着情報