HIT.s法(HIT=Human resource Intelligence Technology)とは、一人一人の業務を可視化(見える化)することで、生産性の向上と人材の新戦力化を実現する画期的な経営革新プログラムです。

HIT.s博士

多くの企業が革新の必要性は認識しつつも、変える・変わるための障害が立ちふさがり、加えて真に対応してもらえるパートナーを選定する難しさを感じているようです。HIT.s法は変わりたくても変われない企業、組織をどうするか、働き方革命の一助となるべく開発されました。多くの企業で実際に活用され成果を上げております。


業務プロセス可視化法で把握・分析・改善の容易化

業務の「3ない」の解消

  • 「見えない」は、「業務プロセスチャート化法」で解決
  • 「測れない」は、業務の「有効工数化法」で解決
  • 「改善できない」は、「改善モデル(事例)化法」で解決


業務プロセスの把握・分析・改善の独自技法

HIT.s法は「チャート作成システムおよび業務プロセス可視化法」として特許を取得した弊社独自の技術です。アメリカの経営学者であるP.F.ドラッカー氏が「日本人だからこそできる」と評価し、称賛も受けております。創業以来、累計百数十社に導入いただき、成果を上げております。日経BP社をはじめ、メディアにも多数取り上げられている、組織には必要不可欠な手法となっております。

特許

特許証とドラッガー修了証

実益を上げながら活動基盤を作って課題の解決

  • ・業務の機能体系表・単位業務と単位作業・業務管理点マニュアル(電子マニュアル)化を基に、多能化OJTで「業務量の偏り」解消と「多能化スキル」向上によって、人材の「最少投入」を実現
  • ・人材の「最少投入」が全体生産性向上に寄与