HIT.s法はすべての業務を数値化する定量効果だけでなく、意識・行動が活動と共に変革する定性効果にも実力を発揮します。

HIT.s博士

【定量効果】すべての業務を数値化する

改善提案数の向上から作業工数や経費の低減・リードタイムの短縮などがあり、同時に活動の進捗管理や効果測定ができます。これらによって、タイムマネジメント・効率的な情報管理・組織活性化管理・定員管理・多能職育成管理・情報システム管理・意思決定のスピード管理へと結びつきます。


【定性効果】意識、行動が活動と共に変革する

モチベーションの向上、コミュニケーションの活発化などの定性効果があり、職場の雰囲気が明るくなります。業務の可視化ができることによって、「誰がどこでどのように業務の成果を上げて貢献しているか」を公正に評価することができるようになります。


HIT.s法による業務可視化で叶えられる管理レベルの向上

業務情報の共有化
単位作業(Sチャート)・単位業務(Bチャート)・業務機能の全体可視化(Mチャート)を用いて、組織三者(経営、管理、担当者)の業務を一元管理することができ、組織三者が同一目線で業務情報の共有化ができます。
業務の鳥瞰図管理
適切に整理された業務の機能体系図ができ、鳥瞰図管理ができます。
継続的で質の高いタイムマネジメント
業務の体系化及び単位化(ユニット化)により「効率性」と「質」の高いタイムマネジメントが継続的にできます。
常に最新のマニュアルによる業務管理
業務管理点マニュアル(電子マニュアル)が作成できるため、改善前の状態に戻らない歯止め策になると共に、リアルタイムに業務管理ができます。
定量的な人事評価
上記(1)~(4)を実現した結果、業務のインフラによって一人ひとりの生産性向上を評価でき、改善による効率化、スキル向上による能率化が定量的に測定できます。

HIT.s法(HIT法)による活動で得られる教育効果

  1. 一人ひとりの士気・改善力・業務スキルが向上
  2. 管理者のマネジメント力が向上
  3. 経営者の意思決定のスピードが高速化