業務の効率化による生産性の向上、多能化人材育成、職場のレベルアップ…。
HIT.s法は業務の可視化と再構築によって、経営のニーズにお応えします。

HIT.s博士

「さぁ、業務の改善をしよう!」と思ったとき、その手法は様々あります。その手法選択が今後の改善を進めていくカギになります。HIT.sは経営のニーズを叶えるだけでなく、担当者の方々の抵抗感や、そのほか活動における障害を最小限に抑え、現場、管理、経営と幅広くカバーします。


経営のニーズ

業経営者の抱える様々な課題を解決

業務の効率化による生産性向上
業務可視化により、短期間で企業ニーズに合わせた人・モノ・金・時間の低減し、生産性向上を実現します。
リードタイムの短縮
業務の発生時点(インプット情報)から処理完了(アウトプット情報)までの業務機能の可視化によって、リードタイムの短縮ができます。
EUC化(エンド・ユーザー・コンピューティング)
帳票管理とデータ分析機能ツールを用いて、ユーザー主導で情報システム改善への提案(要件定義作成)ができます。
J-SOX(リスク管理)
業務リスク管理ツールの不正と不良分析機能(不正と不良の機能可視化でゼロ化)を用いて、リスク回避の自動化ができます。
規程管理
業務機能と諸規程管理ツールを用いて、容易な規程の修正・管理ができます。
OJT(人材育成)の効率化、多能化人材育成の実現
業務スキル管理と、多能化人材育成機能ツールの役割分担分析機能(業務の機能と時間による公平分配化)で一人ひとりの多能化スキルと専門力が向上し、適切な人材配置が可能になります。
人材の最少投入化
多能化人材育成機能ツールの業務量の偏り分析機能(全社的な多能化育成によって最少投入化)により、人数で最強組織をつくる定員管理ができます。
業務委託、業務受託の効率化
アウトソーシング・インソーシング時に業務機能の可視化と定量化ができるので、コスト管理が容易になります。
ISO(国際標準化)
業務プロセスの機能管理がISOに適合した仕組みになります。
ABC, ABM(活動基準原価計算・活動基準管理)
業務のタイムマネジメントによって、コスト管理・人員管理ができます。
AI(人工知能)、RPA(ロボテック)化支援
現状業務の体系的機能把握により、次世代自動化策の導入を容易にします。(自動化導入の前さばき)