現場のニーズに合わせ、日々進化し続ける情報可視化ツール。

HIT.1sの機能紹介
全体業務の最適化は、見えにくい業務の実態を可視化(把握)・分析・改善することから始まる

業務全体に網をかけ、「何を」「誰が」「いつ」「どのタイミングで」「どのくらい時間をかけて」アウトプットしているのかが一目瞭然に把握できます。 HIT.1sから出力される情報があれば、負荷分析やタイムマネジメントをはじめとする「本当のマネジメント」を実践できます。 また、HIT.1sによる業務記録の収集は業務の「総点検」でもあります。事実に基づくことでモレなく全体業務を把握できます。

    主な機能

  • 業務体系表マスタ機能
  • 業務記録機能(業務記録シートの活用)
  • 業務集計・分析機能と革新着眼機能(一目でわかるグラフ20種以上の出力)
    購入方法

  • 指定の講習受講後、購入することができます。

HIT.2sの機能紹介
個人ごとの業務プロセスを可視化(把握)・分析・改善し、ベストの業務・ベストのスキル向上を実現する

自分の業務をストレートチャート[略称:Sチャート]で自らが把握・分析・改善を行い、改善後のベストのSチャートで「管理点マニュアル」を作成します。 HIT.3sと併せて活用することで、トータル効率化、業務のQ・C・D水準、およびスキル向上を図ることができます。

    主な機能

  • Sチャート作成機能と改善着眼機能
  • 業務体系図作成機能
  • 改善提案書作成機能
  • 業務管理点マニュアル作成機能
    購入方法

  • 指定の講習受講後、購入することができます。

HIT.3sの機能紹介
ストレートチャート図法による業務プロセスのトータル効率化基盤を構築して、経営革新を実現する

自分の業務をストレートチャート[略称:Sチャート]で自らが把握・分析・改善を行うだけでなく、全業務を管理するための業務機能体系図を作成し、トータル効率化、業務のQ・C・D水準、およびスキル向上を図ることができます。 HIT.3sは、HIT.2s機能を備えマネジメント改革の視点で管理者用ツールとして活用します。

    主な機能

  • Sチャート作成機能と改善着眼機能(※HIT.2s共通)
  • 業務体系図作成機能(※HIT.2s共通)
  • 改善提案書作成機能(※HIT.2s共通)
  • 業務管理点マニュアル作成機能(※HIT.2s共通)
  • Mチャート(マネジメント・チャート)作成機能
  • Bチャート(ブロック・チャート)作成機能
  • Dチャート(ドキュメント・チャート)作成機能
    購入方法

  • 指定の講習受講後、購入することができます。

お問い合わせ・資料請求はこちら