業務プロセス改善は業務を見えるようにすることから

企業の経営者の方、管理者の方、担当者の方から、よくこんな声を耳にします。
こうしたお悩みごとは、日頃の業務が見えなくなってしまっていることが原因ではないでしょうか。
業務が見えない状態では、現状の業務が抱える課題に気づくことができません
ブラックボックス化している業務が見えるようになれば、業務にかかる時間が減らせるだけでなく、社員一人一人の仕事に対する意識が向上し、社員間のコミュニケーションの活性化へもつながっていきます。
この見える化を実現する、魔法のような技術がHIT.sのSチャートです。

HIT.s のSチャートとは

Sチャートとは、業務の作業手順を表すHIT.s独自の手法です。

自分の業務を全体的に見直しできる

Sチャートの作成時には作業単位で細かく情報を入力するため、自分の業務の効率を見直すきっかけになります。

視覚的に業務の課題を識別できる

Sチャートは、ムダな作業が視覚的に識別できるように記号で表示されるので、今まで気づかなかった改善点を容易に発見し、定量的に改善検討していくことができます。

人中心の考え方から脱却できる

一般的に、業務を捉える時には「誰が、何を行なっているか」という人中心の見方をしますが、 Sチャートの作成を進めていくと、「何を、誰が行うのか」というように仕事中心の考え方を行うように意識改革が起きます。

個々の業務の可視化から、全業務の、大きな改善・改革に着手できる

それぞれのSチャートをチャートを連結していくと、業務全体の流れを可視化(見える化)することができ、改善への大きな決め手となります。

お問い合わせ・資料請求はこちら