人と仕組みの「変身」がこんなにシンプルなストーリーで「狙い通りの成果」が上がり、活動への自信と信頼感が広がっていく姿は頼もしい。

さて、どんな課題をどうしたのでしょう。

1. 巷の課題と対策

(1) 少子高齢化  対策:人手不足と高齢者の再雇用
(2) デジタル時代 対策:EU化(エンドユーザーの活躍化)
① DX(デジタルトランスフォーメーション) 
対策:従来型活動の効率化に加え定量管理 + ニューノーマル(人と仕組みの新常態化)へ
② RPA(ロボテックプロセスオートメーション)
対策:ユーザー主役で投資対効果を計りながら自動化の推進
③ リモートワーク化:進めることはアウトプット評価を可能にする。その他一切、管理は不要。労使共に了承が必要。
(3) デジタル時代のシンプルな対策(前項①~③の太字)の解決で十分

2. 現実的課題とは…やりたくない!(本心)

(1) やらなくても困らない(守り)
(2) 何とかなるだろう(本心)
(3) 面倒くさい(本心)
(4) 自分のクビが危うい(リストラ)
(5) 忙しいから時間がない(言い訳)

3. 方法的課題とは…魔法の術(あり)

(1) 効率化活動をやっても一過性に終わる
(2) ベンダー技術に頼りすぎで中途半端
(3) 自立活動と言うだけで自立が出来ていない
(4) AIだ、自動化だ、とどう進めるかがない
(5) 育成が弱く変革の意欲を継続できない

以上、3つの方向からの課題解決をするには、
(1) 経営方針と決意の程度を明示する
(2) 仕事の属人化からの脱皮活動(仕事の実態把握)を重視する
(3) 解決策は各自が多かれ少なかれ改善活動を行ってきた実力を生かして推進
(ここから提示するシンプル技法で十分対応できる)

お問い合わせ・資料請求はこちら